ブランド宅配買取のススメ

子供服タグに名前を書いていませんか?

子供服タグに名前を書いていませんか?季節の変わり目になると子どもの洋服を整理するのですが、私はまず「来年も着られそうなもの」「今年で終わりのもの」に分けています。

「来年も~」の方は、それなりに収納しますが「今年で終わりのもの」はどうするかというと「来年、リサイクルショップ行き」になるわけです。

来年とは先の長い話と思いますが、夏物を片付けていらないものをそのまま売るには、季節が間に合わないんですよね。お店はもう、秋冬物を並べてますから。

そして、もちろん状態の良いものを用意します。元々ブランドものなんてほとんど無いうえに、あまりにもヨレヨレだったりすると買取りじゃなくて、値の付かないお引き取りになってしまいます。

まあ手元からなくすのが目的なので、それでも良いと言えばいいのですが全部お引き取りというのも恥ずかしいので、必ず1点でも確実に「これは値がつく!」というものを混ぜて出します。

あと注意するのは、タグに書いてある名前です。昔、あるリサイクルショップに売りに行った時、名前が書かれていた場合どんなものでも1円の買取でした。

それ以来、「これは後あとと売るかも知れないな」というものには、直接タグに名前を書かないよう取り外しのできる名前タグをつけるなど、気を付けています。

子ども服は着る期間が短いため、傷みも少ないものが多々あります。捨てるのは忍びない、でもサイズ的にもう着られない、そういう時のリサイクルショップは重宝しています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ